高級な車
黒いバイク

廃車も売却できる

買い取りの幅が広がる

自動車の買い取りは以前にも増して幅が広がってきました。つまり、買い取れる自動車が増えたのです。その証拠として、いまは廃車買取があります。 廃車買取りとは、もう乗れないような状態の自動車でも買い取ってくれるシステムです。これにより、今まではカーオーナーが費用を負担して廃車手続きをしていた自動車が、お金を貰って処分できるようになりました。 また、買取業者も増加し、買取価格の幅も広がったため相場が算出しにくくなっています。例えば軽自動車を売却したい時、普通車の買い取りに強い業者では車査定額が30万円だったのが、軽自動車の買い取りに強いB社では車査定額が50万円になることもあります。そのため相場を一概に基準にすることはできませんが、各社の車査定額を比較することで愛車から見る相場の確認と高値での売却が可能となっています。

需要と共に伸びる買い取り

自動車の買い取りが行われるようになったのは1950年代です。その当時は自動車の所有率が増え、買い替え時に下取りにて処分するのが一般的でした。ただ、中古車需要が少なかったため、買い取りに力を入れている業者はまだありません。 そして時代は進み、インターネットが広まってから中古車市場が大きく変化したことで現在のような自動車買取専業業者が誕生、中古車需要の高まりを見せたのは1990年に入ってからです。 それから中古車買取業者が増加し、現在、ユーザーは自ら売却する業者を選べるようになっています。買取業者は顧客の獲得に躍起になり、より高値で買い取るように競争を激化させていきます。 そして、車査定における相場が注目されるようになり、一度に複数の買取業者に査定をしてもらえる一括査定サイトも誕生しました。